2016年10月から始まった[新]CSR検定2級試験。
第1回目の合格者インタビューは、竹中工務店CSR推進部課長の永岡達朗さんです。

 

――永岡さんは、いつからCSR推進部で働いていらっしゃいますか。

永岡さん:2015年12月からなので、1年と1カ月が経ちました。それまでは、法務や契約の部署に7年、その他にも国交省の外郭団体や営業などで働いてきました。

――CSR推進部に配属されるきっかけはありましたか。

永岡さん:自分から入りたいと希望しました。リーガル関係の部門に所属していたこともあり、最初の関心は、いわゆる狭義のコンプライアンス「法令遵守」でした。

ただ、復興支援の一環で、ユニセフや山形大学と協働して、東北の子どもたちの成長を支援する「子どもと築く復興まちづくり」カリキュラムに参加しました。まちのデザインをしたり、子どもたちと交流したことで自分自身の価値観や考え方が大きく変わりました。

――そもそも竹中工務店に入ろうと思われたのはなぜでしょうか。

永岡さん:学生時代に社会学のゼミに入っていたこともあり、社会を支える仕事をしたいと思って入社しました。

勉強会で感じた熱気が刺激に

――[新]CSR検定2級試験を受けたきっかけは何でしょうか。

永岡さん:CSR推進部に配属された直後、上司に勧められて、まず3級試験を受けました。CSRについてまだ理解していないことも多かったので、3級を受けたことで、CSRの基礎を体系的に学ぶことができました。タイミングとして、非常にいい機会だったと思います。

3級に受かったので、じゃあ次は2級を受けようと思いました。

――どのように勉強されましたか。

永岡さん:CSR部員塾を受講していましたので、テキスト執筆者の方々から直接お話を伺えたことで、理解がより深まりました。

それから、試験前に開催された勉強会ですね。熱心に質問をする参加者の熱気に圧倒されました。あそこで受けた刺激が追い込みにつながりました。

――お仕事をしながら、いつ勉強されていましたか。

永岡さん:会社では仕事に集中して、家に帰ってから毎日テキストを読みました。またテキストがテーマごとに分かれているので、今日はこのテーマ、明日はこのテーマというように集中して勉強しました。

1日約1時間は勉強するというのを2カ月間ぐらい続けました。

――論述の対策はどのようにされましたか。