英国放送協会(BBC)のドキュメンタリー「パノラマ」で昨年10月、トルコの衣料品工場の違法労働問題が報道された。シリア難民の児童労働や不法労働によって欧州の衣料品ブランド向けの衣服が製造されているという。

下田屋コラム BBC写真トルコは国際的な調達先として人気が高い。高品質の製品を迅速に生産できることから急成長しており、欧州への衣料品と皮革製品の輸出に関してはバングラデシュと中国に次ぐ三番目の輸出国だ。トルコは、昨今のシリア内戦の影響で、過去5年間で約300万人のシリア難民を受け入れている。しかし、シリア難民に対する対応が十分でない状況があることを、BBCパノラマは指摘している。

同番組では、トルコの工場を潜入調査し、児童労働によって英マークス&スペンサー、ASOS向けの衣服を製造していたことを報道。またZARAとMango向けのジーンズ製造工場では、シリア難民が1日12時間以上労働することを余儀なくされ、ジーンズを漂白する有害な化学物質の噴霧に従事し、労働者に保護具着用がなされていない状況を伝えている。

シリア難民の労働者は、トルコの最低賃金をはるかに下回る非常に低い賃金で過酷な労働環境で働かされ、労働搾取の状況下にある。彼ら自体ではどうすることもできない非常に弱い立場にいるとしている。またほとんどの難民は労働許可証を持たず、多くは衣服業界で不法に働いていて、路上の仲買人を通じて雇用されている状況がある。

この問題は、直接の1次サプライヤーということではなく、2次、3次サプライヤー、さらにその先の上流において問題が発生している可能性があり、対応することは簡単ではないとしている。それ故に、自社単独で実施できる内容と、イニシアティブなどの活用により、より長期的な視野で包括的に関連団体や同業他社との連携により問題へ対処する内容があり、それぞれ実施していくことが必要だということをASOS、そしてM&Sともに語っている。