三菱総研、持続的成長へ新エコシステム構想

三菱総合研究所(MRI)はこのほど、国内外の社会的課題を民間の事業で解決するプラットフォーム構想を発表した。「知識」「ビジネス」「共創」がキーワードだ。モノ、カネ、エネルギーなど有限の資源に依存してきた20世紀型ビジネスモデルから脱却し、持続的成長を目指した新エコシステムを構築する。(池田真隆)

このプラットフォームの名称は、「未来共創イノベーションネットワーク」。同社が持つ国内外のネットワークを駆使して、企業やNPO/NGOなどの事業者に参加を呼びかける。このネットワークから、社会的課題を解決するビジネスモデルを生み出していく。2017年1月から開始する予定だ。

未来共創イノベーションネットワーク担当の須﨑彩斗 科学・安全政策研究本部産業イノベーション戦略グループリーダーは、環境に配慮した21世紀型のビジネスモデルを生み出すためには、「知識」「ビジネス」「共創」がカギだと言う。

◆続きはこちらへ