日本で唯一CSRの見える化を実現

自社CSRの「強み」「弱み」を数値によって見える化。
現状を把握することで社内を味方にし、CSR推進に役立てることができます。
※株式会社オルタナと横浜市立大学CSRセンターの共同開発です

4大特徴

  1. 因子分析を組み合わせ、レーダーチャートでCSR戦略課題を視覚化
  2. 貴社CSRの強みと弱みが把握できるSWOT分析
  3. 貴社CSRのPDCAサイクルにおける「C」を強力にサポート
  4. 貴社CSR部署にとってのKPIを提供します

レーダーチャート(参考例)

「CSR浸透度調査」のステップ


=====C S R を K P I に=====

日本初、企業の「CSR浸透度」を測定・評価

--横浜市立大学CSRセンターとオルタナ総研が業務提携

横浜市立大学CSR センター(影山摩子弥所長)とオルタナ総研は2012 年6月から業務提携し、社員へのオンラインアンケートを使って、企業ごとのCSR(企業の社会的責任)浸透度を測定する新サービス「CSR 浸透度調査」を共同で実施します。

これにより、その企業の社員たちへのCSR浸透度がひと目で分かるほか、「CSRの強みと課題」も浮き彫りになり、その企業のCSR戦略に役立てることができます。今回の調査は日本初の取り組みで、影山所長は「日本企業のCSR 活動推進に大きく貢献できる」と期待しています。

いま世界的に企業のCSR戦略が重要視されていますが、特に日本では「CSRを正しく理解する」「企業としての行動に移す」などの社内浸透が最大の課題となっています。

このため、日本唯一の大学内CSR 研究機関である横浜市立大学CSR センター(有限責任事業組合)の影山摩子弥センター長(国際総合科学部教授)と株式会社オルタナが共同で2012 年5月、CSRの社内浸透を把握・促進するためのツールとして「CSR浸透度調査」を開発しました。

具体的には、企業の社員とCSR専門部署にオンラインアンケート調査を実施し、その結果を因子分析した上で、「社員へのCSR浸透度」「組織へのCSR浸透度」などの個別指標に数値化し、その結果を「全社CSR浸透度」として評価し、CSR部専門部署のKPI(重要業績評価指標)として使うことができます。

今回の調査では「業務パフォーマンス尺度」「精神健康度」「仕事満足尺度」も数字で算出し、CSRの浸透度が高いほど社員のモチベーションやES(従業員満足度)が高まることが数字で実感できるようになります。

この調査は希望する企業に対して、有料で実施します。2-3年の期間をおいて定期的に調査することで、KPIとしてのCSR浸透度の変化、その間のCSR活動による影響度合いも計測できます。

※この調査結果は当該企業のCSR戦略の改善が目的であり、調査結果は公表致しません。
※企業ランキングなどの発表も致しません。

この件について詳しい説明をご希望の方は、社名、所属、氏名、電話番号を記載の上、株式会社オルタナ・オルタナ総研事業部 csr(a)alterna.co.jpまでメールでご連絡下さい。※(a)を@に変えてご送信下さい