CSR部門の担う使命と役割を果たすため、「基盤固め」、「自社の検証」、「社内浸透度の向上」、「外部評価・情報開示」、「ブランディングの向上」、「サステナビリティ戦略の取組」など企業のCSR部門の成熟度に応じたステップを用意し定着までのサポートを行います。

  1. STEP① CSRの基盤固めと、自社の検証
  2. STEP② CSRの社内浸透度向上と、外部評価&情報開示に向けた施策
  3. STEP③ 自社のブランディング向上とサステナビリティ戦略

「貴社のCSRとは」を一言で示すと・・・・

CSR/CSV/社会貢献の3層構造

セルフチェックシート(100点満点)

3層[価値創造型CSR/CSV]
  • 広義のコンプライアンス(社会対応力)の実践
  • 長期目標(ゴール)の策定(CO2削減など)
  • CSRミッションの策定
  • マテリアリティの特定
  • ステークホルダー・エンゲージメント
  • CSR調達(エンゲージメントの一環として)
  • 「アウトサイド・イン」の事業戦略
  • ISO26000やSDGsなどへの対応
  • オープン・イノベーション(行政・NPOとの協働)
  • 製品・サービスの社会対応
  • マーケティングの社会対応(「コーズ」を含む)
  • CSRレポートの発行

【3点満点×12項目】

2層[社会貢献]
  • フィランソロピー(慈善)/寄付
  • ボランティアやプロボノ □復興支援
  • メセナ活動
  • アドボカシーへの参加
  • 環境イベントや出前授業
  • 財団を通じた活動

【2点満点×7項目】

1層[基盤的CSR]
  • 狭義のコンプライアンス(法令遵守)
  • 経済責任(納税・雇用)
  • 人材責任(教育、人権)
  • 事業による負の影響の低減
  • 安全衛生(RC)

【5点満点×5項目】

  • コーポレート・ガバナンス
  • ダイバーシティ経営
  • 女性活躍
  • 障がい者雇用
  • WLB(ワークライフバランス)

【5点満点×5項目】
※以上3点はCSR/CSV経営のための前提条件

2016年9月作成 第10版
オルタナ総研 Alterna, Co.Ltd © All Rights Reserved

個別コンサルティング

「役員向けCSRレクチャー」、「Webサイトの構築」など、貴社進捗に応じたコンサルティングメニューを用意し、
さまざまなCSR活動を支援します。