ラース フルアーガー ヨルゲンセンCEO Photo: Takeshi Shimotaya

CSR/サステナビリティの推進には、トップのリーダーシップが不可欠だ。トップが交代しても変わらず、その事業活動の基本となる「トリプル・ボトム・ライン(Triple Bottom Line:TBL)」の考え方が、経営戦略上必要なものだと判断し、実行している企業が北欧にある。「ノボノルディスク」だ。

ノボノルディスクは、デンマーク・コペンハーゲンに本社を置く製薬会社だ。糖尿病の治療薬研究・開発の分野を90年以上にわたりけん引する世界的な企業で、製品は5大陸165カ国以上で販売されている。従業員は世界77カ国に現在4万2000人。血友病と成長ホルモン不全の治療でも著しい貢献をしている。

同社が基本としている「トリプル・ボトム・ライン」とは、1997年に英国のコンサルティング会社のサステナビリティ社のジョン・エルキントン氏が提唱したものだ。企業経営において、経済面だけでなく、社会や環境の側面からも自社の事業活動を評価し、意思決定を行うという考え方だ。

ノボノルディスクでは、企業活動の中心に「患者さん」を据え、TBLの考えを取り入れて経営することが持続性(サステナビリティ)につながると考えている。

2017年1月に副社長からCEOに昇格したラース フルアーガー ヨルゲンセンCEOは、筆者とのインタビューの際に同社のTBLについての考え方として次のように述べている。

「TBLは、私たちが正しい方法でビジネスを行うために必要なものだ。TBLが、持続可能なビジネスと長期的な価値創造のための前提条件であると認識している。そのため、私たちは常に財政的、環境的、社会的責任を持って行動していく。

TBLは定款に入っており、CEOである私がそれを変えることはできない。永遠に引き継いでいくものなのだ。定款の変更には株主の同意が必要だ。TBLが定款にあるということは、非常に強いコミットメントを示している」

目に見えるリーダーシップで、TBLを強化する