外務省は7月7日、国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)について周知するため、ピコ太郎が出演する動画を公開した。SDGsはSustainable Development Goalsの頭文字を取った言葉で、貧困や飢餓、気候変動など2030年までにグローバル規模で解決すべき17の課題を掲げている行動計画。(オルタナS編集長=池田 真隆)

SDGsは、2015年9月に国連総会で採択され、「世界を変える、持続可能な発展のための2030アジェンダ」として発表された。世界193カ国が2030年までの行動計画として掲げている。

「誰一人取り残さない(No one will be left behind)」を理念とし、「貧困をなくそう」や「ジェンダー平等を実現しよう」、「つくる責任、つかう責任(持続可能な消費と生産)」など17の目標(持続可能な開発目標)と169項目のターゲット(具体目標)を掲げている。