「急伸するESG投資と求められる企業のESG戦略」

2014年2月に日本版スチュワードシップ・コードが、2015年6月
にコーポレートガバナンス・コードが策定され、そして2015年9月、
世界最大の年金資産規模を持つ年金積立金管理運用独立行政法人
(GPIF)が、国連が支持する責任投資原則(PRI)に署名したことな
どを契機に、国内でも「ESG投資」に対する認知度や関心は急速に
高まりつつあります。本セミナーでは、まず環境省環境経済課から
ESG検討会が取りまとめた「ESG投資に関する基礎的な考え方」に関
してご講演いただき、次に我が国おいても急速な進展をみせるESG
投資の最新動向と、それを踏まえた企業のESG戦略の全体像に
ついて解説します。そして、企業にとって喫緊の環境(E)課題で
ある「気候変動、水リスクへの対応」、及び社会(S)課題の
「人権リスクへの対応」について、具体的な事例を交えて説明し
ます。
と き:2017年7月21日(金)14:00~17:00 (受付13:30~)
ところ:三井住友海上 駿河台ビル(本店)1階 大ホール
(東京都千代田区神田)
参加料:無料
定 員:100名
共 催:三井住友海上火災保険株式会社/株式会社インターリスク総研
詳しくは⇒ http://c.bme.jp/17/2802/1641/2142616