マザーハウス(東京・台東)がこのほど、ジュエリー専門店をJR秋葉原駅すぐに立ち上げた。店内に飾ってある商品は、すべてインドネシアとスリランカの生産者の手作り。ジュエリー業界では異端とされる、色の異なる石を重ね合わせたDay and Night(デイアンドナイト、32,400円)が注目だ。昼と夜の顔を持つこの商品をデザインした同社の山口絵理子代表に話を聞いた。(聞き手・オルタナS副編集長=池田 真隆)

――インドネシア産のジュエリーを2015年10月から取り扱っていましたが、このたび、ジュエリー専門店を立ち上げました。専門店を立ち上げた経緯について教えてください。

ジュエリー作りへの思いを語る山口さん

ジュエリー作りへの思いを語る山口さん

山口:これまでは、バッグの隣でジュエリーを販売していましたが、ジュエリー単独で注目してくださる方が多く、手応えを感じたのが一番の理由です。また、接客やサービスのあり方として、ジュエリーにはジュエリーの世界観がありますので、必ずしもバッグと合わせることはできないと判断しました。

――インドネシアに続いて、スリランカ産のジュエリーも取り扱いを始めましたが、スリランカに決めた経緯はどのようなものでしょうか。

山口:「スリランカには石がたくさんあるよ」とお客さんから言われた一言が大きいですね。私はジュエリーに夢中だったので、石がたくさん必要になると分かっていました。そのことを聞いて、行ってみたいと思い、スリランカを訪れました。

インドネシアでは線細工の技法を使いましたが、スリランカでは石の加工技術が求められました。石の加工に関しては経験がなかったのですが、カットの仕方にこだわり、オリジナリティを出しました。

――通常、ジュエリーは一つの石を輝かせるため、ブリリアントカットの技法で作られますが、御社が独自に開発した「デイアンドナイト」では、ジュエリー業界では異端とされる石の重ね合わせを行っています。生産者にこのデザインを提案した当初は、驚かれたそうですね。

山口: ジュエリーの石は後ろ側から光を通すため、石の裏にはだいたい何もない状態ですが、これは異なる石で埋めてしまっているんですね。石は透き通って見えることがきれいだとされてきたジュエリー業界では、考えられない技法です。

でも、人として、オフとオンがあるように、変化するライフスタイルがキーだと思いました。異なるカラーストーンを重ね合わせることで、1つの石では分からない石の魅力を楽しめます。いろいろな服とのコーディネートも可能です。

従来にはなかったデザインを考えたときに、これまでの技法では限界があり、イノベーションを起こせないと突破できない気がして、この提案をしました。石に誇りを持っている生産者からすると、あまりにも乱暴な提案と言われても仕方がないですが、作ってみたら、一番これが売れているので、アイデアで戦わないといけないと思っています。

――山口さんはその国の素材とその国の伝統技法を生かして、デザインしてきました。このデザインはどのようにして思いつきましたか。

山口:採掘現場に行ってみないと思い浮かばなかったアイデアだと思います。土の中に埋まっている栄養分たっぷりの石を見たときに、私には生きているように思えたし、ブリリアントカットで計算されたカット面を見せることだけが、石の魅力かというとそうではないと思いました。

輝き方は、人も含めていろいろな輝き方があって、なめらかなカットだとどうなるかと単純に思い、丸いカットにしました。まっすぐなカットは作りやすいですが、これは人がろくろで丸みを帯びた形にしていきます。誤差が出て、石が台座に合わないこともあります。不良品も少なくありません。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ